目の構造・視力回復!レーシック手術の解説

レーシック手術で視力回復 - 安全レーザー治療の解説

目の構造について詳しく知ろう

視力回復治療を行う前に目の構造と視力低下についておさらいして治療に対する不安や疑問を解決していきましょう。

目の構造

カメラの構造は目の構造と同じ


カメラのオートフォーカスは光の強さを感知して絞りを自動調節しますが目の働きもこれと同じことをしています。

カメラと目を比較すれば理解が深まるでしょう。

カメラ
絞り 虹彩(こうさい)
フィルム 網膜(もうまく)
フィルター 角膜(かくまく)
レンズ 水晶体(すいしょうたい)
目の構造
虹彩:

カメラの絞りに相当します。瞳孔の大きさを変えて網膜に入る光の量を調節します。

角膜:

カメラのピントを合わせる部分に相当します。「黒目」の部分にあたります。角膜には血管なく酸素や栄養分は涙などから得ます。 このため、コンタクトレンズは酸素透過性が大きいものが目の健康に重要とされます。 レーシックは角膜に対してピントを合わせる治療を行います。

瞳孔:

虹彩の中央にあり、カメラの絞りに相当し網膜に入る光の量を調整します。虹彩の働きにより大きさが変わります。

水晶体:

カメラのレンズに相当します。水晶体の大きさを調節してレンズに写った映像のピントを合わせます。水晶体は歳をとるにつれて硬くなり焦点を合わせることが難しくなり、いわゆる老眼の原因となります。

毛様体:

水晶体の大きさを調節しピントを合わせるための働きをします。

視神経:

脳神経のひとつで視覚をコントロールする中枢です。視神経が傷つくと瞳孔がおかしくなったり失明したりします。

網膜:

カメラのフィルムに相当します。目に入った映像を感受して情報として視神経を通して脳に伝えます。

脈絡膜:

網膜の外側にあり、瞳孔以外から余分な光が入らないように暗幕の働きをするため黒くなっています。

強膜:

「白目」の部分にあたります。脈絡膜と同様に眼球の中に余分な光が入るのを防ぐ役割をします。

次ページ>> 視力低下とは

資料請求・術前カウンセリング・検査予約がインターネットでできるクリニック

品川近視クリニック 東京銀座・大阪・名古屋・福岡 トップ・イントラレース賞受賞
神奈川クリニック眼科 新宿・梅田・名古屋・福岡 46,000症例以上の治療実績
たじり眼科 東京渋谷 スタッフは全員女性。患者さんに優しい
高輪クリニック 東京品川 最新の視力矯正技術「iLASIK(アイレーシック)」
視力回復手術レーシックの神奈川クリニック眼科

HOME

視力について

目の構造
視力低下とは

レーシックについて

レーシックの基本
レーシックの種類
レーシックの安全性
レーシック治療の条件
レーシックと保険適用
大阪で手術できるクリニック

レーシック体験談

レーシックをした有名人
 - 品川近視クリニック有名人
 - 神奈川クリニック有名人
 - 錦糸眼科有名人
レーシック体験談
 - 裸眼最高です
 - 人生観が変わりました
 - ゴルフボールがはっきりと
 - 「オオーッ」と思わず声が
 - コンタクト不要に大満足

レーシックよくある質問

手術前のよくある質問
手術中のよくある質問
手術後のよくある質問



Copyright. 視力回復 - レーシック -安全治療の解説 All Rights Reserved. 免責事項