レーシック治療の条件・視力回復 - レーシック - 安全レーザー治療の解説

視力回復 - レーシック手術 - 安全レーザー治療の解説

レーシック治療の条件

レーシックは事前の医師による診察で合併症や失敗する可能性がある場合には手術を受けられない場合があります。検査をきちんと受け、納得いくまで医師と話し合いましょう。疑問が残る場合はいくつかのクリニックの話を聞いてみることもおすすめします。

レーシック治療の条件(レーシック治療を受けられる人)

角膜に厚さが十分あること

レーシック治療は角膜を削る治療のため角膜が一定より薄い場合には手術できません。

強度の近視でないこと

強度の近視では角膜を危険な範囲まで削ることがあるため手術できません。

18歳以上であること

クリニックによって年齢制限は異なりますが、視力が完全に安定していない年齢の方は手術できません。

60歳未満であること

加齢による眼の病気のため手術できない場合があります。クリニックに相談してみましょう。

妊娠していないこと

妊娠中はホルモンバランスの影響で視力が変わる場合があるため手術できません。

目に病気をもっていないこと

白内障や緑内障など目の病気がある場合は手術できません。

ここに当てはまる場合も、まずは資料請求やカウンセリングを受けて医師に相談してみてください。診断によっては手術が受けられる場合もあります。

イントラレーシックなら錦糸眼科

クリニック選びのポイント

実際に治療を受けるクリニックを選ぶポイントとしてどのようなところに注意すべきでしょうか?

費用が安い
手術経験が豊富
治療実績数と医師の数
家から近い
アフターケアや再手術の費用

などは普通に考えられるポイントですが、下記のふたつに当てはまっているかが一番重要だと思います。大切な体の一部なので費用や実績などはこのふたつの条件が同じときの比較として捉えることをおすすめします。

医師、スタッフと信頼し合えるか

レーシックは、手術して終わりではなく術前のカウンセリング、検査から、実際の手術、そして術後の検査など長くクリニックと付き合っていくことになります。

万が一術後に不都合が生じた場合は特にその対応についてクリニックと十分にコミュニケーションをとる必要がでてきます。 安心して任せられる信頼感がなければ不安でつらいときをすごす結果になってしまいます。

まずインターネットなどで情報収集をしたら、詳しい資料を請求していくつかのクリニックでカウンセリングを受けたり検査をして直接話して、クリニックを見に行ってください。信頼し合えるかをあなた自身の目で比較して感じてもらうことをおすすめします。

インフォームドコンセント

インフォームドコンセントとは、医師が患者に十分に説明して患者が納得同意をして治療を受けるという概念です。

メリットや効果だけでなく、予期される合併症や成功率などのリスクや代替手段もきちんと説明してもらった上で、納得いくまで医師と相談しながら自分に一番あった方法を選択できるようなクリニックをおすすめします。

資料請求・術前カウンセリング・検査予約がインターネットでできるクリニック

品川近視クリニック 東京銀座・大阪・名古屋・福岡 トップ・イントラレース賞受賞
神奈川クリニック眼科 新宿・梅田・名古屋・福岡 46,000症例以上の治療実績
視力回復手術レーシックの神奈川クリニック眼科
HOME

視力について

目の構造
視力低下とは

レーシックについて

レーシックの基本
レーシックの種類
レーシックの安全性
レーシック治療の条件
レーシックと保険適用
大阪で手術できるクリニック

レーシック体験談

レーシックをした有名人
 - 品川近視クリニック有名人
 - 神奈川クリニック有名人
 - 錦糸眼科有名人
レーシック体験談
 - 裸眼最高です
 - 人生観が変わりました
 - ゴルフボールがはっきりと
 - 「オオーッ」と思わず声が
 - コンタクト不要に大満足

レーシックよくある質問

手術前のよくある質問
手術中のよくある質問
手術後のよくある質問


【銀座・大阪・名古屋・福岡】
レーシック

【東京新宿・大阪・名古屋】
視力回復手術レーシックの神奈川クリニック眼科
 

Copyright. 視力回復 - レーシック -安全治療の解説 All Rights Reserved. 免責事項