視力回復!レーシック手術の解説

視力回復 - レーシック手術 - 安全レーザー治療の解説

レーシックの種類

レーシックにもいろいろな種類があります。特徴や使われる器具も違うため、それぞれメリット、デメリットがあります。クリニックでのカウンセリング前にあなたに合うレーシックの知識を得ましょう。

レーシックの種類

レーシック(LASIK)

レーシックの基本で紹介したように、マイクロケラトームという医療機器で角膜に作ったフラップをめくり、エキシマレーザーをあてて、視力を回復させます。

メリット:
・手術開始から終了まで両目で約20分程度
・入院の必要がない ・手術中に痛みがほとんどない

デメリット:
・角膜が薄い場合、強度近視の場合手術できない場合がある

イントラレーシック(INTRA LASIK)

イントラレーシック(INTRA LASIK)はマイクロケラトームを使わずレーザーを使ってフラップを作ります。フラップの厚みや大きさを自由に設定できる手術です。

メリット:
・レーシックではフラップを作れないような角膜の形でも手術可能な場合がある
・角膜が薄い場合や強度近視の場合でも手術ができる
・術後にドライアイが発生する可能性が低い

デメリット:
・手術時間がレーシックより若干長い(フラップ作成に時間がかかる)
・術後フラップの接着が遅い
・レーシックより層間角膜炎が発生する可能性が高い

エピレーシック(EPI LASIK)

エピレーシック(EPI-LASIK)はエピケラトームという医療機器を使ってフラップを作ります。レーシックよりも薄いフラップを作ることができます。

メリット:
・角膜の薄い方や強度近視の場合でも手術ができる
・手術開始から終了まで両目で約20分程度
・術後フラップがはずれにくいので格闘技など激しいスポーツをする方に向いている

デメリット:
・レーシックと比較して術後の痛みが強い
・手術難易度が高いので経験あるクリニックを選ぶ必要がある

PKR

PRKはフラップを作らず角膜上皮をレーザーで削った後、エキシマレーザーあてて視力を回復させます。

メリット:
・フラップ作成に関わる部分のリスクがない
・角膜の薄い場合でも手術ができる
・フラップを作らないため格闘技など激しいスポーツをする方に向いている

デメリット:
・術後の痛みがかなり強い
・角膜の上皮が再生するまで保護用のコンタクトレンズ装着が必要

LASEK

LASEKはアルコールで眼の表面を浸して柔らかくなった角膜上皮をめくって薄いフラップを作ります。

メリット:
・角膜の薄い場合や強度近視の場合でも手術ができる
・角膜への影響が少ない
・術後フラップがはずれにくいので格闘技など激しいスポーツをする方に向いている

デメリット:
・レーシックと比較して術後の痛みが強い
・手術難易度が高いので経験あるクリニックを選ぶ必要がある


*各治療方法は一般的な見解に基づいているものです。より詳しい術前、術後の状態についてはクリニックで十分にカウンセリングを受けてください。

資料請求・術前カウンセリング・検査予約がインターネットでできるクリニック

品川近視クリニック 東京銀座・大阪・名古屋・福岡 トップ・イントラレース賞受賞
神奈川クリニック眼科 新宿・梅田・名古屋・福岡 46,000症例以上の治療実績
視力回復手術レーシックの神奈川クリニック眼科

HOME

視力について

目の構造
視力低下とは

レーシックについて

レーシックの基本
レーシックの種類
レーシックの安全性
レーシック治療の条件
レーシックと保険適用
大阪で手術できるクリニック

レーシック体験談

レーシックをした有名人
 - 品川近視クリニック有名人
 - 神奈川クリニック有名人
 - 錦糸眼科有名人
レーシック体験談
 - 裸眼最高です
 - 人生観が変わりました
 - ゴルフボールがはっきりと
 - 「オオーッ」と思わず声が
 - コンタクト不要に大満足

レーシックよくある質問

手術前のよくある質問
手術中のよくある質問
手術後のよくある質問


【銀座・大阪・名古屋・福岡】
レーシック

【東京新宿・大阪・名古屋】
視力回復手術レーシックの神奈川クリニック眼科

 

Copyright. 視力回復 - レーシック -安全治療の解説 All Rights Reserved. 免責事項