視力回復!レーシック手術の解説

視力回復 - レーシック手術 - 安全レーザー治療の解説

レーシックの安全性

レーシックの安全性は厚生省も認可していますが、最近の技術で歴史も浅いので正しい知識を身につけることが重要です。レーシックの安全性や合併症を客観的に理解していきましょう。

レーシックの安全性

世界で年間数百万人が治療した実績

レーシックは世界では年間数百万人の人が治療を受けています。日本でも厚生省が認可して以来注目が高まりつつあり、治療実績も増え、クリニックの数や医療機器、治療ルームも日々向上して最新の設備が導入されています。

レーシックで失明した報告はない

現在のところレーシックで失明した報告はありません。失明する事実が多ければインターネットなどですぐに情報が流れるので世界でここまで治療数が増えることはないと考えることもできます。

手術の痛みはほとんどない

目薬で麻酔をするので痛みを感じることはほとんどありません。レーシックの種類によっては痛みが多少伴うものもありますので、カウンセリングでよく確認しましょう。

手術の跡は肉眼では見えない

フラップの跡が角膜に残ることがありますが肉眼では見えません。

手術中に眼が動いても治療ができる

最新設備では手術中に多少眼が動いてもレーザーが動きを調節して屈折治療を行うことができます。

再手術ができる

生活習慣が原因となった視力低下は、手術後に同じような生活を送ることで元に戻っていく可能性もあります。手術後は視力低下の原因にならないように、作業中に目を休ませたり、ブルーベリーなど目に良いとされるものを摂取しましょう。万が一視力が低下した場合に再手術ができるクリニックも多いので事前に確認しておきましょう。

*安全性については一般的な見解に基づいているものです。より詳しい安全性は治療の方法やクリニックによって異なりますので事前に十分にカウンセリングを受けてください。

レーシックの合併症

ドライアイ

角膜表面が乾くために手術後しばらくは目薬が必要になるときがあります。

ハロー現象

夜間に光がまぶしく感じるときがあります。レーシックの合併症の中では発生頻度が高いようです。

不正乱視

レーザーのあて方が不均一であった場合に発生するときがあります。

異物感

手術後、目に異物感、しみる感じ、痛みがでるときがあります。しばらくすると解消することがほとんどです。

角膜拡張症

手術後、角膜拡張症(医原性円錐角膜)になる例があることが報告されています。手術後に角膜上部が円錐状に突出してくる合併症です。 角膜が薄く強近視であったり、角膜の弾力性が弱いにもかかわらずレーシックを行うと発生する確率が高まります。

その他にもいくつかの合併症があるので、詳しい情報を資料請求やカウンセリングで入手して納得いくまでクリニックで話し合いましょう。
合併症はまれに起こるケースですが、それが自分の場合に当てはまる可能性はゼロではありません。大切な体の一部なので十分すぎるほど事前に知識を得ておくことに越したことはありません。

資料請求・術前カウンセリング・検査予約がインターネットでできるクリニック

品川近視クリニック 東京銀座・大阪・名古屋・福岡 トップ・イントラレース賞受賞
神奈川クリニック眼科 新宿・梅田・名古屋・福岡 46,000症例以上の治療実績
視力回復手術レーシックの神奈川クリニック眼科

HOME

視力について

目の構造
視力低下とは

レーシックについて

レーシックの基本
レーシックの種類
レーシックの安全性
レーシック治療の条件
レーシックと保険適用
大阪で手術できるクリニック

レーシック体験談

レーシックをした有名人
 - 品川近視クリニック有名人
 - 神奈川クリニック有名人
 - 錦糸眼科有名人
レーシック体験談
 - 裸眼最高です
 - 人生観が変わりました
 - ゴルフボールがはっきりと
 - 「オオーッ」と思わず声が
 - コンタクト不要に大満足

レーシックよくある質問

手術前のよくある質問
手術中のよくある質問
手術後のよくある質問


【銀座・大阪・名古屋・福岡】
レーシック

【新宿・大阪・名古屋】
視力回復手術レーシックの神奈川クリニック眼科
 

Copyright. 視力回復 - レーシック -安全治療の解説 All Rights Reserved. 免責事項