視力低下とは・視力回復!レーシック手術の解説

レーシック手術で視力回復 - 安全レーザー治療の解説

視力低下の原因と種類について詳しく知ろう

視力回復治療を行う前に視力低下の原因と種類についておさらいしていきましょう。

視力低下とは

正視


正常の目の状態を正視と呼びます。正常の状態では、カメラのレンズに相当する水晶体が厚く薄くなることで網膜にピントを合わせてものをはっきり見ることができます。
水晶体は眼を休めているときにもっとも薄くなります。水晶体が薄いときは遠くのものにピントがある状態です。遠くのものを見ているときに眼が疲れないのはこのためです。

正視

近視


近視はピントが網膜より手前で合ってしまいものがぼやけて見えます。角膜から網膜までの長さが正常より長い(軸性近視)、角膜や水晶体の屈折力が強すぎる、眼精疲労による仮性近視があります。眼軸の長さは遺伝が影響するようですが、近くのものを見続けることによって近くのものにピントが合ってしまう仮性近視は生活習慣によるものが多いので、習慣を改めることによって本当の近視になる前に防ぐこともできるようです。

近視

遠視


遠視も角膜から網膜までの長さが正常より短い(軸性遠視)、角膜や水晶体の屈折力が弱い(屈折性遠視)があります。遠視の場合は網膜より遠くにピントが合ってしまうので、それを調節しようと水晶体が大きく膨らもうとします。このため眼が大変疲れやすくなります。 若いときは調節力が強いので遠視になりにくいのですが、歳をとってくると調節力が衰えてピントを合わせることができなくなってきます。

遠視

乱視


乱視の原因は角膜の形が原因となっていることが多いようです。乱視の人は角膜の曲がり具合が縦方向と横方向で異なっているため屈折力が均等でなくピントを合わせることができなくなります。 強度の乱視をレーシックで治療する場合は角膜の厚みが必要なので、厚みが十分にあるかクリニックに相談して調べてもらいましょう。

乱視
次ページ>> レーシックの基本

資料請求・術前カウンセリング・検査予約がインターネットでできるクリニック

品川近視クリニック 東京銀座・大阪・名古屋・福岡 トップ・イントラレース賞受賞
神奈川クリニック眼科 新宿・梅田・名古屋・福岡 46,000症例以上の治療実績
たじり眼科 東京渋谷 スタッフは全員女性。患者さんに優しい
高輪クリニック 東京品川 最新の視力矯正技術「iLASIK(アイレーシック)」
視力回復手術レーシックの神奈川クリニック眼科

HOME

視力について

目の構造
視力低下とは

レーシックについて

レーシックの基本
レーシックの種類
レーシックの安全性
レーシック治療の条件
レーシックと保険適用
大阪で手術できるクリニック

レーシック体験談

レーシックをした有名人
 - 品川近視クリニック有名人
 - 神奈川クリニック有名人
 - 錦糸眼科有名人
レーシック体験談
 - 裸眼最高です
 - 人生観が変わりました
 - ゴルフボールがはっきりと
 - 「オオーッ」と思わず声が
 - コンタクト不要に大満足

レーシックよくある質問

手術前のよくある質問
手術中のよくある質問
手術後のよくある質問


【銀座・大阪・名古屋・福岡】
レーシック
 

Copyright. 視力回復 - レーシック -安全治療の解説 All Rights Reserved. 免責事項